医療法人「草萌会」を舞台に
介護施設で働く若者たちの青春と
経営を巡る大人たちの葛藤を描くヒューマンドラマです
第一話はこちらから←クリック
(ブログ内全話無料で読めます)
『虹色ケアハウス』
電子書籍単行本配信中です
[スポンサードリンク]

サイト名
クリックorタップで
販売ページに飛びます
まんが王国
コミックシーモア
Yahoo!ブックストア
docomo.dブック
LINEマンガ
auブックパス
Google play ブックス
フジテレビOD(PC)
楽天マンガ
Amazon Kindle
Book Live!
ebookjapan
マンガボックス
BOOK☆WALKER
セブンネットショッピング
DMM.com電子書籍
マンガBANG!
Reader Store(ソニーストア)
Apple Store←クリックしてiTunesから
ともびきまなつとご検索ください

電子書籍配信に至る
経緯他を別ブログにまとめています。
ともびきまなつの
Web漫画家下克上日記

虹ケア誕生の理由など裏話満載です
よろしければこちらもご一読を!

[たまにかわる広告]

☆虹ケア更新情報お知らせします

[旬の広告]

人間(ひと)の集まるところには…

人間3人寄れば軋轢が生じるといわれる

まなつは基本嫌いな人はいない
好きな人とどうでもいい人の二択である
たいていの人を好きになれるのが特技でもある

今の仕事は基本スタンドアロンだが
それでもあたしを苦手認定してるひとはいる
理由は先方にしかわからないので
ニュートラルに接してるが
濃厚な人間関係形成を求められる職種だったら
しんどかっただろうなあ

事情が許すならひとりで作業する訪問介護のほうが
施設よりいいよって勧められる理由もこれらしい
介護の仕事がきついっていわれる最大の理由は
この『人間関係の濃厚さ』にあるような気がする
もちろん身体的にも厳しい仕事ではあるが
その上に『協力しなくてはやっていけない』前提がある
これは相当ストレス溜まりそうだな

いろんな現実が見えてくると
それら様々な問題をどうクリアするかが物語の肝になってくる
甘ちゃんのまなつには重すぎるテーマになりつつあるな(Sigh)
あたしなら『現実を受け止めた上で棚上げする』けど
さて『彼ら』だったらどうでるか

ストレス解消に
擬人化したうちの駄ぬこUP(爆)
宰元絵72
関連記事
[PR]

0 Comments

Leave a comment